毎日毎日ああ、眠れないとお嘆きのあなたに朗報です!

聞き慣れないと思いますが、「睡眠ログ」と言うのを使って、
今は不安定なあなたの睡眠を改善してみましょう。

gazou2

さてスマホアプリで睡眠ログと検索すると、
いろいろなアプリが出てきますがそのどれもが、
枕元にアプリを起動させたスマホを置くと
睡眠の記録がとれるというもので、
あなたがどんな眠りについているのかが
わかる仕組みになっています。

試しに最近睡眠のリズムが乱れている?
私も使ってみることにしました。

就寝時間は22時頃、睡眠ログアプリを起動させて、
枕元に置きます。

これ、枕の上だと正常に機能しないらしいので
スマホのおき方には注意ですよ!

そして、私自身はあとただ寝るだけなのですが、
翌朝どんな風にグラフが描かれていたでしょうか?

ある日の記録からご紹介しますと、
目覚める回数は多いものの、
深い眠り(ノンレム睡眠)の時間もあり、
思ったよりも実際は寝ているんだなあという感じでした。

記録をとることでしっかりと自分の睡眠を
見つめることが出来ますし、これからは
睡眠ログが手放せませんね。

gazou4

どうでしょう?
あなたも睡眠ログで改善策を練ってみては?

同じ「年齢肌」に悩む40代女性でも、働いているか否かによって、
お肌の悩みにも違いが出てくるようです。
というのはライフスタイルの違いからでしょうか、
働いている女性は乾燥肌に、そうでない女性はシミやたるみに
悩んでいることが多いのですって!

特にオフィスで働く女性たちは、冷房にあたる機会が多いこと、
慢性的なストレスにさらされていることが肌の乾燥を招きます。
また、日中家を中心に行動する主婦さんですと、
買い物やその他外出などで外に出る機会が多く、
紫外線に当たる時間が長いために、シミが出来やすくなるんだそうです。

gazou12

私は…というと、まだ40代目前ですが、
残念ながら肌年齢は実年齢よりはるかに上!
そして、最近シミが目立つようになってきた気がします。
私はこのご時勢に有難くも専業主婦なのですが、
確かに、外出する機会が多いので、紫外線に当たる時間と言うのは
そこそこ長いのでしょう。

医薬部外品シミウスジェルで
いくらスキンケアを頑張ったところで、なかなか改善しません。

40代ともなるとそもそも年齢肌も気になりますが、
生活環境による肌荒れが目立つようになるので
それに応じたスキンケアを考えていかなくてはいけませんね。

いま思うともっと早くからシミ対策をするべきでしたね。
人事のように思っている人はいませんか?

シミで悩む日もそんなに遠くはありません。
その時になってからでは遅いのですよ。

私のようにならないためにも
医薬部外品シミウスジェルで
今日から始めようシミ対策。

シミウスジェルの詳細は
http://xn--gckc0cfe0u8c.com/が分かりやすいです。

この記事の筆者は美容関係のお仕事を
されている方だと直感しました。

シミウスジェルだけでなく肌のケアについても
細かく書いているので勉強になりました。

gazou11

女性の顔は命と言っても過言ではありませんからね。
大事にしてください。

今また話題沸騰なのがレコーディングダイエット。
体重や食べたもののカロリーなどを記録するだけで痩せていく仕組みですよね。
でも、私はそのレコーディングダイエットに失敗した感があります…(汗)
だって、記録するのをすぐ忘れてしまうし、おかげで意識は低下、
すぐ甘いものの誘惑に負けてしまうし…で、困ったもんです。

gazou9

もともとレコーディングダイエットは経験者の知恵から生まれたもの。
カロリーを記録するだけで、食事の内容を気にし始めるからでしょう。
ただ、私の場合、忘れっぽいのか、体重を計って記録する。
こんな簡単なことが続けられないんですよね。

やはり独りで黙々と取り組んでいるのが、いけないんでしょうか。
一緒にレコーディングダイエットに取り組む仲間がいれば違うの?
まあ、とにかく気づいたときに軌道修正するようにはしています。

gazou10

またこのレコーディングダイエット。
地域性も邪魔してしまうみたいなんです。
私は東海地方在住なのですが、食文化が本来炭水化物のオンパレード!
いくらか食べないと、心配されてしまうし、でも私には多すぎるし。
そんなわけで誘惑の罠は私をどこまでも追い続けます。

でも逆に、失敗があるからこそ正しい知識も身に付くようになり、
あまり極端なダイエットには走らなくなりました。
どっちみち、楽に痩せられる方法ってなかなかないものなんですね。

ダイエット

美肌=白い肌は女性たちの憧れです。
ああ、私の肌には張りや潤いが足りないわ~とお嘆きのあなた。
年齢を重ねるにしたがって肌の老化は止められませんが、
白く綺麗な肌に見せるにはいくつかコツが必要だったのです。
そう、そして大切なポイントとは、ずばり水分量!
お肌に潤いを取り戻すため、さあ洗顔方法から見直してみましょう。

gazou8

①朝の洗顔を忘れずに!

一見何でもなさそうな肌でも1日過ごした肌はしっかり汚れが残っているもの。
朝、忙しいからと言って、洗顔をサボってしまうのでは美肌は手に入りませんよ。
朝洗顔すると、気持ちの切り替えにもなりますし、
肌の変化を一番に感じることができます。
なので、優しくきめ細やかな泡洗顔を心がけましょう。

②顔の筋肉をほぐすマッサージを心がけて。

表情筋がこわばっているだけでも暗く、老けて見えてしまいます。
意外と顔には毛細血管が張り巡らされており、見えないけれど
老廃物が残ってしまっている可能性があるのです。
ですから、できれば洗顔後、顔の筋肉をほぐし、
明るい表情を作りやすくしましょう。
顔の筋肉が適度にほぐれていると、老廃物の排出も早くなりますよ。

毎日行う洗顔から肌ケアを見直すだけで習慣が変わり、
それはまた充実した生活へと生まれ変わることでしょう。
さあ、あなたが輝きだすまであと一歩です!

毎月の収支を考えるとき、私は美容に結構お金をかけている気がします。
我が家の場合ですと、2ヶ月に1回の美容院に1万円、
時にはへそくりからお金を捻出してネイルに1万円。
でも美容院とか寝入るサロンってどうしても単価が高いから
これくらいかかってしまうんですよね。
だから必要経費だと思って、毎月やりくりしています。

ただ、私の場合、化粧品そのものにはあまりお金をかけません。
基礎化粧品だけでも合計して5000円くらいですし、
メイク用品などは100円ショップで売っているものでも十分だったりしますから。
でも年齢を重ねていくと、どうしても若く見られたいがために
お金をかけてまで綺麗に…と思うのが世の女性たちではないでしょうか?

gazou7

たとえば、美容院にしても、ヘッドスパやトリートメントをつけると
倍以上に金額が跳ね上がりますね。
まあ、金額に応じて綺麗を手に入れるわけですが。
ただ時々、美容にかけている費用がとてももったいなく感じてしまいます。
けれど、これは必要経費と捉えることもできます。

と言っても、突然お肌が生まれ変わるとかはなく、
相応の時間と共に変化を感じられるようになるもの。
私も含めて、やはりいつでも綺麗でいたいですもんね。
お金を湯水のように使うわけではないけれど、
年齢に応じたスキンケア、これからも追及していきましょうね。

gazou6

毎日何でもない平凡な日々を過ごしているように見えますが、
一応ダイエット目的で朝はコーヒー1杯だけにしようと、
いわゆる「コーヒーダイエット」を始めた私です。

gazou3

もともと紅茶よりもコーヒーが飲みやすく、よく飲んでいるのですが、
実際に主人の母が朝はコーヒー1杯だけにして痩せて行った経緯もあるので
私も真似して始めてみたのがきっかけなんです。

巷でも時々コーヒーを飲むことは健康にいいと紹介されますよね。
発がん性物質の抑制になるとか何とか、そんなことを聞いたことがあります。
でもね、飲みすぎは逆に身体によくないんですって。

私はコーヒー1杯だけの朝食にしてやっと気づいたのですが、
最近やたらと疲れやすくなってしまいました。
気になっていろいろ調べてみると、コーヒーを飲むってことは
身体にコルチゾールというストレス物質を溜め込むことでもあるみたい。

だから、飲みすぎ=ストレスをためるってことで逆効果なんですね。

でも、1日2~3杯なら問題はありません。
もちろんたっぷり寝て、ストレス解消に努めて
はじめて問題ないといえるのですが。

ストレスは万病のもとって言うけど、ちょっとした息抜きが
逆にストレスになるって知りませんでした。
これは気をつけなくてはいけませんね。

gazou5

ダイエット

私は食事制限ダイエットしかしたことはありませんが、
100円ショップをたまに覗いてみると、意外や意外!
ダイエットに効果的なアイテムがわんさかあるんですよね。

そこで、私個人の意見ではありますが、
役に立ちそうな100均アイテム(ダイエット編)をお送りしようと思います。

gazou1

まず登場するのは、ダイエットスリッパ。
適度な傾斜が加えられているために、履くだけで痩せられると評判のアレです。
主婦のアイディア商品から派生した代物ですが、実は100円ショップでも楽に手に入ります。
といって我が家はスリッパ履いて歩く生活をしていないのですが、
たとえばキッチンで家事をするときに履くだけでも効果があると思います。

次におススメなのが、骨盤ストレッチ枕です。
某有名100円ショップで手に入るアイテム。
ヨガやストレッチが流行っている昨今、おしりの下に枕を敷いて
寝転がるだけでストレッチできるというもの。
ヨガとかだと、ポーズのとり方など覚えなくてはなりませんが、
これだったらながら運動ができるので、知らない間に筋肉が伸びているでしょう。

私はヨガのスマホアプリを利用していた時期もありますが、
こうしてみると、原始的な方法でも十分ダイエットになるんですね。
よし、これからもっとがんばってみようっと!

ダイエット